お宮参りの写真が綺麗に取れる|永遠に語り継ぐ

スタジオ
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真で変わる第一印象

レディ

街の写真館は減りつつありますが、確かな技術は伝承されています。金額はある程度かかってしまいますが、納得のいく証明写真が撮れれば合格を手元に手繰り寄せることが出来るのではないでしょうか。それだけ重要な鍵になるはずです。

もっと読む

記念に家族写真も

子供

七五三の撮影を行い、家族で御祝いして、子供の成長や将来や健康などを願いましょう。詳細は、利用するフォトスタジオで、確認されてください。その際には、事前に、撮影日時や費用などを準備し、備えておきましょう。

もっと読む

誕生を祝う行事

家族

赤ちゃんの大きなイベント

お宮参りは赤ちゃんの誕生を祝う行事のひとつです。赤ちゃんが誕生していろいろな行事がありますが、お宮参りが大きなイベントになります。家族や祖父母などがそろって、写真を撮ったり、また写真館で撮影をしたりする方も多いです。お宮参りは、赤ちゃんが生後1ヶ月ほど経った都合のいい日を選んで神社で参拝をします。参拝をしたときに、子供の誕生を祝って、健康と長寿を祈ります。赤ちゃんにとっての大きなイベントになります。正式の日にちは昔から決まっていて、男の子の赤ちゃんの場合は生後31日目にお祝いをして、また女の子の赤ちゃんの場合は、生後32日目にするという地域が多いです。しかし最近では、天候などや、休みの日などでお参りをする方が多く、赤ちゃんやお母さんの体調と相談したりします。

参拝のときに着る服装

本来のお宮参りの衣装は着物を着て、写真を撮ったり、また写真館で撮影をしたりしますが、最近では動きやすいスーツなどを着て撮影をする方も多くなってきています。着物の場合は、お宮参りでいろんなところに移動したり、夏の暑い季節など出産をした後の母親にとって負担になってしまったり、またまだ授乳をしないといけない時期なので、着物で参拝をしてしまうと、なかなか授乳をするのが難しかったりするので、最近は動きやすいフォーマルな格好が好まれています。それに祖父母も着物ではなく、スーツの方も多いです。また赤ちゃんの格好も着物よりも着やすいドレスのようなものの方が楽です。そして一度しか着ないものなのでレンタルで借りることもできます。

記念になる写真を撮るなら

七五三

七五三は子供にとってとても大切な儀式ですが、記念となる写真を撮影することも多くなっています。このときは子供の写真はもちろん、家族写真も撮っておくと一生の良い記念となります。良い写真を撮るにはスタジオ選びも大切ですので慎重に選んでいきましょう。

もっと読む